ビーツ

2008/01/22 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/

ビーツは、砂糖大根、赤大根、カエンサイ・ガーデンビート・ビーツ・ウズマキダイコンとも言い、地中海沿岸の原産だそうです。ロシア料理のボルシチに入っている赤い実のようなビーツは、この料理以外には日本人には馴染みの薄い野菜です。古代ローマ人は葉と根を食用にしていたと伝えられています。そこから地中海沿岸に広まり、現在のような赤いビーツは16世紀にドイツにおいて栽培されたようです。
ビーツは根がカブのように肥大し紅色で、輪切りにしますと美しい輪紋があります。日本には江戸時代の「大和本草」と言う書物にこの記載があり、この頃に渡来、また明治時代初期になって再渡来しましたが、いずれも普及しなかったようです。
砂糖を採るシュガービート(甜菜)、葉を食べるリーフビート(フダンソウ)とは同種です。しかし現在、日本では長野県や北海道で栽培されています。夏から初秋が旬、主に缶詰めで利用します。
ビーツは、飲む輸血と言われるほど、リン、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、カリウム、が豊富で、同様にビタミンA、C、ナイアシン、ビオチン、そして食物繊維も豊富に含まれています。またビーツに含まれる鉄は、人工製剤の鉄より一層吸収、同化され易いものです。

コールラビ

2008/01/21 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/

コールラビはヨーロッパ、中近東、中国、東南アジアなどで古くから栽培されており、日本へは明治初年に伝来したようです。 語源はドイツ語で、キャベツの意味のkohlとカブ B. rapaの意味のrabiより。サラダや漬け物、炒め物等に使います。風味や食感はブロッコリーの茎やキャベツの芯にやや似ています。

ももいちご

2008/01/18 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場, やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/

徳島県佐那河内村の30数軒の農家のみで栽培される品種。徳島と大阪でしか手に入れることができず、ネット通販などで人気である。大粒で桃の形に似ていることから名前が付いた。なお、正式な品種名は「あかねっ娘」で、「ももいちご」は徳島県の商標登録である。

バラフ

2008/01/16 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場, やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/

佐賀県産。表面が水晶のようなきらきらとした水泡に覆われていることから名付けらたそうです。 葉っぱは、厚みのあるほうれんそうのような食感で少し酸味があり、茎は塩の味がします。 クリスタルリーフは、佐賀県と佐賀大学が2年間の研究の末、商品化に成功しました。 サボテンに似た、南アフリカ原産の植物だそうです。 塩の味がするのは、土壌に含まれる塩分を吸い上げるためで、塩分の濃度によって味も変わってくるそうです。

あんこう鍋 北尾鮮魚店 黒門市場 鮟鱇 通販

2007/12/25 | 著者: fjn | カテゴリ: 黒門市場, さかな 鮮魚 精肉

Link: http://kuromonkai.kuromon.net/new/kikaku02.php

北尾鮮魚店
黒門会 企画商品 黒門会なべセット:あんこう鍋(肝入り)を担当します。
地方発送OK。詳しくは、この記事のタイトルをクリックして下さい。

北尾鮮魚店

当店では主に日本海産のあんこうを取り扱っております。
寒い冬の食卓にあんこう鍋はいかがでしょうか。きっとご満足いただけることでしょう。他にも、生鮮魚介類ならびに塩干物、冷凍食品にいたるまで御要望に応じてなんでも取り揃えています。特に他では手に入りにくい品物、例えば、クジラ類全般や天然物の活魚等々、各季節に応じて数多く用意させて頂きます。魚の事なら何でも聞いてください。

黒門会 企画商品 黒門会なべセット 参加のお店リスト
http://kuromonkai.kuromon.net/new/kikaku00.php

黒門市場 黒門会 町会サイト
http://kuromonkai.kuromon.net/

ロマネスコ

2007/12/22 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon.com/_mall/n_shop.php?miseid=220

カリフラワーとブロッコリーをかけあわせてできた野菜。フランスでは1990年代始めからブルターニュ地方で栽培が始まったそうです。ローマ近郊で開発されたのでロマネスコという名前だそうで、ヨーロッパで広く流通しているそうです。花蕾が黄緑色しており通常のものよりも尖っているのが特徴。 フランス名がロマネスコ。日本名がサンゴショー。

てっちり鍋 西川鮮魚店 黒門市場 ふぐ 通販

2007/12/16 | 著者: fjn | カテゴリ: 黒門市場, さかな 鮮魚 精肉

Link: http://kuromonkai.kuromon.net/new/kikaku01.php

西川鮮魚店
黒門会 企画商品 黒門会なべセット:てっちり鍋(ふぐ)を担当します。
地方発送OK。詳しくは、この記事のタイトルをクリックして下さい。

西川鮮魚店

新鮮かつ国産ふぐのみを扱っております。御注文を頂いてから泳ぎトラフグをさばき、翌日には御届け致します。(一部地域を除く)年中無休で、新鮮かつ安い品物を豊富に取り揃えてお待ちしております。テッサ、お造りもできます。ふぐの事ならおまかせ下さい。

黒門会 企画商品 黒門会なべセット 参加のお店リスト
http://kuromonkai.kuromon.net/new/kikaku00.php

黒門市場 黒門会 町会サイト
http://kuromonkai.kuromon.net/

下仁田葱

2007/12/09 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://kuromonkai.kuromon.net/new/kikaku00.php

下仁田葱は、その昔江戸の殿様にも献上されていた事から別名『殿様ねぎ』とも呼ばれます。その名の通り、太く大きな葱で、根の付け根からの先端まで80cm以上になるものもあるそうです。
下仁田葱の「下仁田」とは群馬県の西部に位置する地名で、この地域でしかできないとされた独特な葱を栽培していたことが名前の由来で、種まきから収穫までに約1年以上と非常に手間隙がかかります。
現在では下仁田町を含む甘楽・富岡地域で収穫されたものが「本場の下仁田葱」とされ、本場ブランドとして高値で取引されています。(最近では様々な地域で生産されているようで、中国産もあるようですが・・・)

グラパラ

2007/11/07 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/sintiyakujiyouhou.html

一見アロエかサボテンのような、中南米原産の多肉植物です。別名、グラプトペタルム・パラグアイエンシス。楕円形で先端の尖った匙状の多肉葉を整然とロゼット状に出す姿が美しい。葉は白粉を帯びた緑黄色でときに紅色を帯びます。葉が赤銅色の品種「ブロンズ姫」も流通します。 青リンゴのような酸味とシャキシャキとした食感から生のままでも、お好みでマヨネーズやわさび醤油などをつけても召し上がれます。ミネラル、カルシウム、マグネシウムが豊富で、青汁のケール以上だそうです。独特の酸味の強さから好みの分かれるところ。

国産チェリモヤ

2007/11/02 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/kudamono.html

南米のアンデス高地に原生したチェリモヤは、ペルーでは有史以前から栽培され、インカの住民にこよなく愛され親しまれてきた果物だそうです。ミルク色した柔らかな果肉と上品な香り、 微かな酸味とともに舌にとろけるその甘さ、カスタードのような舌ざわりは、冷やせばそのままアイスクリームです。
チェリモヤの大産地スペインのアンダルシア地方ではアイスクリームの木と呼び、アメリカやオーストラリアではカスタードアップルと呼んで珍重されているようです。小説家マークトウエンは、チェリモヤを美味そのものと絶賛し、遠い昔に世界を旅した英国のマルコム卿は、東インド諸島のマンゴスチン、エクアドルのパイナップル、そしてアンデスのチェリモヤを天然の傑作と称え、世界の三大美果に数えました。

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>