栗のことを英語でマロンと言いません。

2007/09/07 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場, やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/sintiyakujiyouhou.html


クリの実のことを「マロン」と呼ぶ場合がありますが、本来はトチノキ科のマロニエの実のことだそうです。かつてマロニエの実を使ってマロングラッセを作っていたが、後にクリの実で代用するようになった結果、マロンにクリの意が生じたとのこと。
クリは英語でChestnutです。

テクノラティに登録

2007/09/02 | 著者: fjn | カテゴリ: Announce

Link: https://www.technorati.jp/

ブログ登録を実施した。

テクノラティプロフィール

ではでは
fjn

グーグルマップの貼り付け

2007/09/02 | 著者: fjn | カテゴリ: Google関連, Google Maps

Link: http://www.stationet.com/a/index.php#gmap_pasted

今までGoogle MapはJavaScriptやMaps APIを使わないとページへの
埋込みができませんでしたが、ごく最近、簡略化されましたね。
基本は、425×350ピクセルです。大きいと思えばカスタマイズが可能。

Googleマップのページで目的地まで行き、位置は、あとからでもドラッグで
調整できるので、ズームの度合いだけ、先に決めておくのがキモかな。
※9月3日に見に行ったら、設定中ツールバーに+-記号が出現しました88|

どれくらいビジターに広範囲に見せるかは、自分で決められるということ。
ズーム度合いを決めたら、ページ右上の「このページのリンク」をクリック
すると「HTMLを貼り付けてサイトに地図を埋め込みます」とBOXが出現して
埋込用のHTMLを表示してくれます。これでOKですが、大きさの調整も可能。

下段にある「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」をクリックすると
さらに別ウィンドウが開き、カスタマイズが開始できます。

1.カスタマイズで
  小、中、大 あるいは、好みのサイズをピクセル値で入力

2.プレビューが見れるので、見ながら位置の微調整をして

3.サイトに地図を埋め込む場合はこの HTML をコピーして貼り付けます、
  テキストエリア部分をコピーペーストで完了です。

デフォルトの大きさでも良かったですが、テストなので、サイズ指定して
400x400にしました。この記事のタイトルで貼り付けたページに行きます。

ちなみに、このb2evolutionは iFrame投稿を禁止していて、貼付ける事が
できません。普通のHTMLか、iFrameを許可しているブログなら簡単です。

ついでに、このb2evolutionはW3C勧告にかなり忠実&厳密なのでアンカー
タグ内に直接スタイルを指定してはダメ!という投稿時エラーメッセージも
でていました。グーグルの貼り付けコードは、たまに・・・ありますね。
名より実を採る・・・って言うか:))

ではでは
fjn

くろもんNEWS 9月号 発刊

2007/08/31 | 著者: fjn | カテゴリ: 黒門市場, クロモンドットコム

Link: http://kuromon.com/_news/

黒門ニュース9月号が、8月末に黒門市場を中心とする数万世帯のお宅に
新聞折込として配布されます。黒門ドットコムでは、ダウンロードして
プリントアウト利用できるクーポン券、および紙面をPDF化しています。

☆クーポン券:9月号 売り出しクーポン集(PDF直リンク)

☆カレンダー:地元、地域情報付カレンダー

☆9月号表面:くろもんNEWS9月号 上段

☆9月号表面:くろもんNEWS9月号 下段

2007年は気象庁の記録を(何十年ぶりを含め)塗り変える猛暑でした。
ピークは過ぎ去ったようですが、暑い日は、今しばらく続きそうです。

黒門市場に限らず、市場にならぶ食べ物で季節を感じさせられることは
よくあることですね。今からの、収穫の秋は、なおさらと言えそうです。

秋の味覚の王様とも言われる国産「マツタケ」が、出回り始めました。
気のせいかもしれませんが、大阪では会話の発音のときに「まったけ」
と「つ」を短く発音する人が多いかな。一段と親しみを感じさせます。

値段が高く、今は世界中からの輸入物松茸もありますが、何か違う。

この味覚は極めて日本的なもので、私の知る限り松茸の独特の風味は
外人さんにはわからない感じです。「何とか」おいしいと感じるにしても
「何とか」のレベルでは、お値段と、おいしさの度合いが繋がらない。
つまり勿体ない。私が食べるから、その分、他のものを食べて!《笑》。

くろもんNEWS今月号の「旬を食す」も、松茸を題材にしています。
また、インターネットで(携帯メイン)応募できるクロスワードパズルの
商品も、ほんまもんの松茸が賞品です。毎月、プレゼントが替ります。

☆携帯:携帯クロモン プレゼント応募+会員募集

松茸の話を書いていたら、無性に「松茸土瓶蒸し」が食べたくなった。
あらためて、とってもとっても日本人なんだなぁ、と思う瞬間。

ではでは
fjn

黒門市場 旬の食材ページ リニューアル

2007/08/28 | 著者: fjn | カテゴリ: 黒門市場, クロモンドットコム

Link: http://www.kuromon.com/_shoku/

黒門市場に四季折々入荷してくる魅力的な食材から
ピックアップして、ご紹介していくコーナーです。

まつたけ、梨、ウニ などが追加されました。

まだ少ないですが、黒門市場を中心に、数万世帯の
ご家庭に新聞折込で配布される「黒門ニュース」と
連動した、メディアミックスなコンテンツです。

※黒門市場 オフィシャルページ
http://kuromon.com/

※黒門市場 旬の食材ページ
http://kuromon.com/_shoku/

よろしく、お願いします。
ではでは
fjn

ズッキーニのうんちく

2007/08/25 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場, やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/yasai.html


原産地はアメリカからメキシコで、栽培が始まったのはヨーロッパに伝わった16世紀頃からだと言われています。日本へは戦後になって導入されたようです。
見た目はきゅうりに似ていますが、ペポかぼちゃというかぼちゃの仲間です。完熟した実を食べるかぼちゃと違って、ズッキーニは未熟な実を食べます。
日本では馴染みが薄いズッキーニですが、イタリアや南フランスでは一般的で、南フランスの代表的な野菜料理「ラタトゥィユ」には欠かせない食材だそうです。イタリアでは、ズッキーニの花も一緒に揚げ物にして食べるとか。ちなみズッキーニはイタリア語で、フランス語ではクールジェット、英語ではサマースカッシュといいます。

スタッフ募集しています

2007/08/24 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/staff.htm

黒門市場で大阪伝統野菜・高級果物・促成野菜・特殊野菜・ハーブ等を扱っております。配達・店内業務・販売員・事務スタッフを募集しています。

アスパラのうんちく

2007/08/24 | 著者: yasui | カテゴリ: 黒門市場, やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/yasai.html

まるで、細い細い竹の子のように地面をおしのけて、次々と生えてくるアスパラガス。根に細いイモのような貯蔵根がたくさんあって、それに蓄えた栄養で一つの株から若芽が何本も萌え出てくるそうです。
原産は地中海沿岸で、古代ギリシア時代から栽培されていました。日本へは江戸時代に伝わったようです。当時は鑑賞用で、実際に栽培されて食卓にのぼるようになったのは、昭和になってからだとか。
アスパラガスとは「たくさん分かれる」とか「激しく裂ける」というギリシャ語が語源で、新芽という意味をさすといわれています。

iPhoneを繋いでしまった少年

2007/08/24 | 著者: fjn | カテゴリ: Interests

ほんまかいな?

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200708260022.html

ニュージャージー州在住のジョージ・ホッツ君(17)という、なんと
十代の少年が、iPhoneのハードウエアとソフトウエアの双方を
いじって、ATTでしか使えないはずのiPhoneを、Tモバイルの
ネットワークに繋いだらしい。これでUSA以外でもiPhone利用の
道が開けるのか?

ただ、日本では、どうなんだろう?
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/5minkeitai/01.html

ではでは
fjn

ピーマンのうんちく

2007/08/23 | 著者: yasui | カテゴリ: やさい 果物

Link: http://www.kuromon-yasui.jp/yasai.html

ピーマンという名前はフランス語(piment)に由来するそうです。英語ではベルペッパー、緑色のものはグリーンペッパー。名前のとおり、ピーマンはペッパー(とうがらし)の仲間で、辛みのないもののようです。
熱帯アメリカ原産のとうがらしがヨーロッパを経て日本へ渡来したのは、16世紀のころ。江戸時代にはかなり普及していたようです。明治初期になって、ピーマンも含めてさまざまなとうがらしが欧米から導入されました。
今では日本の各地にはほどよい辛みのあるとうがらしの品種が栽培されています。辛味種が広く栽培されるようになったのに対し、ピーマンはさほど普及しませんでした。一般家庭の食卓にものるようになったのは戦後のことのようです。

ページ: << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>